プロセス(手法)の見直し

Digitally generated image of Process text against black wall
接客販売

「最近上手くいかないなー」

と感じている時、プロセスの見直しが出来ていますか?

売れる人は売れるし、売れない人は売れない。
もちろん売れる人は意識も高いし、常に高い緊張感を持ってやっています。
時間単位の数字や他のスタッフの数字まで把握しています。
他からしたらすごいって思うかもしれないけど、売れる人からすればそれが当たり前で特に何かすごいとも思っていない。
売れない人も決して不真面目にやっている訳ではない。
しかし、何故結果が変わるのか?
答えはたくさんあります。

あなたが売れない理由

①お客様のことを自ら知ろうとしていない・お客様の要望よりもこちらの提案が早い
→好きになった人なら知るのにお客様には興味がなく、お客様の要望よりもこちらの望みを先に伝えてしまう
②目標を持っていない
→とりあえず1日1日を過ごしている
③自分の課題を把握していない
→毎回同じことで断られる・プロセスを見直していない
④フィードバックを自分から受けていない・教えてもらってもメモを取らない
→言われないと聞かない。自分から聞かないしメモも言われないと取らない
⑤家に帰って自分で振り返っていない
→家に着いたら余暇のことばかりで寝るのも遅い
⑥数字に対する温度感と危機感が低い
→今月の店舗の売り上げをしらない
⑦負け癖脳になっている
→80%〜90%達成すれば満足している
⑧提案に苦手意識がある
→自信を持って提案していない。お客様の顔色を伺っている
⑨取り扱っている商品に自信がない
→そもそも商品知識がないし、あまり意欲的に覚える気がない
⑩「体験」と「失敗談」を言えていない
→想いだけで売ろうとしているから伝わらない
一通り10個だけ挙げましたが、自分はいくつ当てはまっただろう?
売れる人・売れるお店は基本的なところがしっかりと出来ていることが多いです。
あとは、お店の雰囲気も良いと思います。
今の課題をしっかりと把握しています。
そして今の売り上げをしっかりと把握しています。
仕事をする上では当たり前のことですが、それが出来ていない人の方が多い。
自分に課題があるなら、上司に聞くなり先輩に聞くなり本を読むなり何でも出来ることはあるはずです。。
それをやらないで数字から逃げても何も変わりません。
僕は基本的に教育する時は恋愛を元に教えることが多いです。
そっちの方がみんな分かりやすいと言ってくれます。
しかし、お客様になったら何故出来ないのか?
それは「好きな人」ではなく「お客様」と思って距離を置いてしまっている。
もちろん、そんな全員に「好きな人」なんて思えません。
しかし、その気持ちで接しているかが大事です。
好きになった人にはとことんヒアリングをするはずです。
今の彼女・彼氏・奥さん・旦那さんに出会った時は必ず細かくヒアリングしたはず。
それと同じだと思います。
提案のためのヒアリングではなく、その人をもっと知るためのヒアリング。
それをしっかりと意識出来ていれば自ずと問題点は出てくるはず。
そこでその人のことが分かれば自然と提案も出来るはず。
その時の提案はいつもの自分勝手の提案ではなく、お客様に寄り添った価値ある提案。
それを意識してやってみるだけで何かが変わるはずではないでしょうか。