人を動かす6つの影響力の武器

心理学

本日は生きていく上で超重要な心理学を紹介します。

それは6つの影響力の武器です。

これはロバート・B・チャルディーニが提唱したものとされています。

人はどの様に説得され、なぜ望まれた行動を取ってしまうのか。

人を説得し、その人から望む行動を導き出すための武器=アプローチには6つのパターンが存在します。

6つの影響力の武器とは?

1.返報性

「受けた恩は返したくなる」

他人から何かしら受けた時に人は恩義を感じるようになります。

それを返したいという気持ちをもつ傾向にあります。

スーパーでお肉やウインナーを焼いている人から試食をさせてもらったらつい買ってしまうこと。

コンビニ行ってトイレを借りたらお菓子や飲み物をつい買ってしまう。

ケータイショップにて、操作案内をしてもらった後にスタッフに店頭の商品を勧められたらつい買ってしまう。

このように恩を受けたら恩を返したいという心理です。

2.希少性

「限られたものほど、欲しくなる」

モノの希少性を高める方法としては「個数限定」だったり、「シーズン限定」だったり、「地域限定」だったり、「時間限定」などが挙げられる。

更に、希少性を高める方法として「権限」を限定するという手法。

会員登録した人だけ展開する特典を訴求してプレミアム感を出したり、それにより関係性を深くすることも出来ます。

3.権威

「肩書きや経験などの権威を持つ人に対して人は信頼を置く」ことから権威づけを活用したアプローチも人の行動に大きな力を発揮する武器である。

その分野において、知名度の高い人や発言力のある人の意見に従うのは、正に権威を求める人々の心を刺激する。

CMなどで、芸能人が使っているのを見ると欲しくなるのと同じですね。笑

4.コミットメントと一貫性

人は誰もが「表明した約束を守ろうとする」気持ちを持っている。

社会では一貫性のある人が評価される傾向があるため自分が決めたことを口にしたり、書面に残したりすることでそれを守ろうとすうる。

自分に嘘を付きたくないため一貫した姿勢を保とうとします。

5.好意

「好きな人に同意したくなる」気持ちも、人の心を大きく動かす。

仲の良い友達のオススメ商品を買ったり、お気に入りの店員さんからたくさんの商品を買ってしまうなど好意があったからその行動を取ったというような経験はあるはず。

相手に「好意」を抱かせるようなアプローチも有効な影響力の武器になる。

人が好意を抱く理由

①自分に似ている

②自分を褒めてくれる

③同じゴールを目指す仲間である

上記3つです。

6.社会的証明

「周囲の動きに同調したくなる気持ち」も、人の行動を大きく左右する。

例)

何かセールスをする時「多くの企業様にお使い頂いております」よりも、

「近くの○○屋さんや有名な○○さんもお使い頂いております」の方が効果的である。

「みんながやっているから何か理由や価値があるはずだ」という心理が働きます。

人は行動する時、または何かを決定させる時、他人の行動を意識しながら決める傾向があります。

商品を販売する時は、「お客様の声」というのが非常に効果的です。

レビューもそうですよね。

自分に近い人たちの行動を見ることで「安心」や「信頼」が生まれ、その行動に大きな変化を与えることが出来る。

私は特に本を買う時とかは、レビューばかりを見て決めている傾向にあります。

心理学を知っていながら心理学に踊らされている私であります笑。

 

上記の6つの影響力の武器ですが、本当に社会において効果を発揮しています。

接客販売でも非常に有効で、これを知っている人と知らない人では雲泥の差だと思っています。

心理学は一言で言えば「詐欺」とかに感じられますが、人と人を繋ぐ1つの方法だと私は思っています。

これで人生が変わった人もたくさんいると感じています。

みなさんも心理学を活用し、少しでも変化出来る自分でありましょう。