販売員が絶対に言ってはいけない3大用語

接客販売

みんな気付かずに接客中に言ってしまっている

絶対に言ってはいけない3大用語があります。

それは何でしょうか。

①だと思います

②多分

③恐らく

上記3つです。

酷い人は

売れない販売員

多分○○だと思います。。

と使ってはいけない言葉を2つも使って言っている販売員もいます。

そんな販売員が売れる訳がありません。

また、曖昧言葉を多用しているとクレームにも繋がります。

お客様

ふざけるな!!

と言われる可能性だってあります。

商品知識が豊富な販売は多分なんて言葉は使用しません。

恐らくそうだと思います。

なんて使うことはありません。

売れる販売員

こちらは○○です!

と断言をするんです。

お客様は自信のない人からは買わないという通りで、曖昧な言葉を使っている人から安心して購入出来ませんよね?

もしかしたらご案内していた内容が間違っているかもしれません。

また、そんな販売員から購入したお客様は買った後に後悔している可能性だってあります。

たったちょっとの心がけでお客様の気持ちは変わります。

それを気をつけるだけで、たったそれだけで成約率は変わります。

言葉って本当に重みがあります。

良かれと言った言葉も相手にとっては嫌なことだってある。

だからこそプロとして一言一言に責任を持つこと。