何歳になっても常に3歳児であれ

変化

3歳児は、色々なものをカメレオンのようにクルクル切り替わります。

走って転んで泣いたと思ったら、面白いものを発見してまた走り出す。

泣いていたのが嘘かのように次のワクワクしたものと遊び出す。

食べたいものがあれば何がなんでも食べようとする。

電車の人混みの中でも騒ぎ、どんなところでも眠ければ寝る。

起きたと思ったらまた騒ぎ出し、すぐに行動に移せる。

これが3歳児である。

成功者はこの3歳児のように本当的・動物的な感覚で行動している。

何歳になっても3歳児で居続けることが出来るかがこれからの時代の成功の道になるでしょう。

子供だなーって言われることってありますが、もちろんダメな子供の場合と正しい子供の場合というものがあります。

ダメというのは、ワガママだったり自分のこと中心の人

正しいというのは、何かワクワクすることを見つけたら子供のように飛びつき、没頭し、時間も忘れ取り組む人のこと

常に3歳児であれ

常に周りの目を気にしていませんか?

これはやって良いものか気になって行動が止まっていませんか?

言われたことばかりやって思考停止になっていませんか?

ルールばかりに目が行ってクリエイティブな自分を忘れてませんか?

「無難」

別に悪いことではないが面白くもないし、ワクワクもしない。

ワクワクしないことに時間を掛けることがいかに無駄なのかをみんな分かった方が良いと思います。

無難な人生って楽しいだろうか?

無難な仕事って楽しいだろうか?

無難な休日って楽しいだろうか?

そんなことないはずですよね。

人は無難な人生や仕事、休日など送りたくないはずです。

常に楽しいことが巻き起こっていることを夢見ているはずです。

しかし、現実は無難な日々が進んでいるはずです。

「何か楽しいことないかなー」って言うんです。

楽しいことないかなーって何もしないあなたにある訳ないでしょ。

自分から楽しいことを探しに行くんですよ。

それが出来ている人はそんなこと言いませんよね。

今の人生に満足しておらず、何かワクワクしたいところに行きたい、でもどうやったらそのワクワクするところに行けるのかが分かっていないからそう言うんです。

好きなことにすぐに飛びこんでいるか

「これやりたい!」って思ったらすぐに飛び込めているか?

無我夢中になるって大人になるとなかなか出来ませんよね。

何もかも忘れ、時間も忘れ、ご飯も忘れ、寝ることも忘れ

気づいたらあ、やべっ!!っていうこと。

フロー状態」とも言います。

分かりやすい言い方だと没頭とも言いますね。

人間がそのときしていることに、完全に浸り、精力的に集中している感覚に特徴づけられ、完全にのめり込んでいて、その過程が活発さにおいて成功しているような活動における、精神的な状態

このように定義されています。

私も好きなことをしている時は時間も忘れ、寝るのも忘れ時間感覚が飛んでしまうことはよくあります。

これって明確な目標があるからそうなるんです。

何もなく、フローになることはありません。

例えば、ゲームだって始めたら止まらないのは「小さな目標」が次から次へと作られてそれを達成させていきたいからハマってしまうんです。

それが格闘ゲームの1回格闘したら終わりだったらどうでしょう。

勝ったら終わりなんでそれで終了ですよね?

次がないんです。

次がどんどん出て来てその先を見たいが為に時間を掛けるように作られているんです。

「好きなことに没頭する」

これって本当に大事なことだと思います。

没頭すること自体は何でも良いと思います。

ゲームや麻雀、本当に何でも良いと思います。

それをプロになるくらいにハマればビジネスだって出来ますよね。

私は常に3歳児

私は一度ハマると抜け出せないように作られているんです。

時間がいつの間にか過ぎて居て、気付いたら朝になっていることもあります。

ご飯も食べず、お風呂も入らず、寝ることもせずとにかく自分の好きなことに集中する。

ただ、凄いことに飽きると何もしなくなるんです。

それが一番の欠点になります。

飽きる理由としては、出来るようになったからが一番の理由だと思います。

出来ない人は没頭も出来ないし、飽きることも出来ません。

飽きるって悪いイメージだけど、一定以上に出来るようになったというプラスの意味合いも入っています。

とにかく一つのことに集中しよう。

とにかく一つ楽しいことを見つけよう。

とにかく一つ誰にも負けないように3歳児のように没頭しよう。

見切り発車は成功のもと

見切り発車って分かりますか?

ビジネスで言うと稟議で決定していないことだが、そのまま突き進むことです。

普通に考えたら非常に怖いことですよね。

成功するかも分からないことを見切り発車するんですから。

ですが、成功者は基本的に見切り発車が多いです。

ホリエモンの多動力にもそのことが書いてありますのでご確認くださいませ。

※この多動力でホリエモンの神さに驚きました。

上手くいかなかったらどうしよう?

一旦考えて成功すると決まってからしようかな。

上に確認してイメージを持ってからやろうかな。

などと自分がどうしたいかなど意見が一切ないし、自信がない。

そんな人が成功する訳ないし、して欲しくもないと感じます。

ただ単に行動を先送りにするだけだしそのあと行動されたかどうかすら分かりません。

イメージする前にやりたいことはやってみるんです。

やってから次のことは考えるんです。

それが成功の近道ですよ。