締め切り効果で自分を追い込む

変化

なかなか仕事が終わらない。。

みんな終わっているのに自分ばっかり遅くまで残っている。。

そういうことって結構多いですよね。

それって締め切りも何も決めずにダラダラやっているため終わらないんですよね。

「終わるまでやる!!」

はもちろん大事ですが、

「○時までに終わらせる」 or 「○日までに終わらせる」

のように期日を決めることが非常に大事です。

何も考えずに業務をやっているとすぐに終わるような仕事でさえ終わらないということです。

先日朝のゴールデンタイムの記事を書きましたが、今回はノルアドレナリンを使った時間効率になります。

関連記事ゴールデンタイムを使って朝の生産性を高める

極論ですが、今日中に原稿を書き終わらないと死ぬ!!

ってなったら何が何でも書き終わらせますよね!?

どんな手を使ってでも終わらせますよね?

ノルアドレナリン仕事術

人は窮地に追い込まれるとノルアドレナリンを分泌します。

ノルアドレナリンは三大神経伝達物質の1つです。

ノルアドレナリンは集中力を高め、学習能力を高め、脳を研ぎ澄まします。

結果として、脳は最高のパフォーマンスを発揮することが出来ます。

通常だと絶対に出来ないことが窮地になった時だけ、できるんです。

「死ぬ」なんて窮地の場合は特にそうです。

ガケから落ちそうになったら今までよりも力発揮されますし、ライオンから追いかけられると今まで以上に早く走れるんです。

そのくらいノルアドレナリンという神経伝達物質の効果は凄まじいです。

「ノルアドレナリン仕事術」と言えるくらい効果があります。

これを知っていると自分で自分を追い込み、効果を発揮させることが出来ます。

締め切り厳守仕事術

さきほど、追い込まれると力を発揮するという話をしましたが、いつでも良いという依頼だと全然仕事がはかどりません。

そのため、仕事は必ず締め切り設定をすることを心がけてください。

無い場合は「自分で設定」してください。

何もないことが一番の問題です。

必ず自分で設定するんです。

理由として、締め切りが無かったり間に合わなくても特に何もない場合は脳が締め切りを守らなくなります。

そうなると、次回から脳が「時間は守らないもの」

という風に考えるようになり、ノルアドレナリンは分泌されません。

さきほども述べましたが、ノルアドレナリンは追い込まれた時に分泌されて効果が発揮するようになります。

そのため締め切りは必ず設定をするようにしてください。

また、「絶対厳守」という気持ちを必ず持ちましょう。

過ぎても何もならないことが一番の問題です。

そのようなことが無いようにしましょう。

それでも間に合わない場合

脳が間に合わなくても大丈夫という風になっていると問題です。

それであれば締め切りの翌日に大事な予定を入れましょう。

そうなれば絶対にその日に完了させなければ次の日に大変なことになります。

そうするとノルアドレナリンが分泌されるようになり、締め切り効果が発揮されます。

要するに夏休みの最終日になるんです。

夏休みって本当に宿題しませんよね?

ですが、31日になって本気でやると何故か終わるんです。

それが何度も言っているノルアドレナリンです。

夏休み初日では出ないんです。

だからみんな最終日ということです。

これをしっかり理解し、向き合って締め切りに間に合わせるようにしましょう!