出来る理由

変化

「絶対に止めた方がよい」

「絶対にうまくいかない」

「考え直した方が良い」

そう言われて強行突破した経験はあるか?

誰もが「無理」と思っても自分では上手くいくイメージを持って無我夢中になって取り組むことが出来るか?

「確かにそうだよな。。」

と言って周りに合わせて自分の可能性を消してはいないか?

この考え方は成功する人としない人で変わってくる。

常に出来るイメージを持つ

あなたはどっち??

何か挑戦をする時に常にリスクを考えて取り組む人

何かを挑戦する時にリスクを考える前にまずはやってみる人

ほとんどの人がリスクが無いかどうかを考え、出来ない理由を述べる。

それを語るのがスペシャリストである。

そんな人生よりも、リスクはあるがまずはやってみる!

この精神が非常に大事だと感じます。

この「破天荒フェニックス」が正に出来る理由を常に考え、ダメダメ会社から一流企業へと発展しています。

田中修治社長は誰もが「出来ない」と言っていたものを成功させていきます。

「○○さんだからだよ」とか周りは言いますが、誰とか関係なく、自分の使命感を持って今の自分のやるべきこと(役割)に没頭することが出来て成果を出せるかだと思います。

やるべきこともやらないのに、やりたいことばかりに目が行くのは現実逃避であって、無責任です。

やるべきことをやっていると、自ずと「やりたいこと」が見えるようになってきます。

その「やりたいこと」は自分目線ではなく相手目線で考えられるようになり今所属しているコミュニティに良い影響を与えるはずです。

まずは一番大切な「やるべきこと」

これを徹底して取り組み成果を上げ、その成果から「やりたいこと」を見つけて更に自分の成長のために取り組むんです。

1つ1つ少しずつ。

焦らずに1つの課題をクリアしていく。

そんな簡単ではないが、1つをクリアしていくことが大事です。

そうすると好循環になり、新しいことも楽しく成果が出るようになり更に「やりたいこと」が見つかるようになるでしょう。

是非、周りが「無理だ」と思うことに喜んで取り組み成果を出してみましょう!